みなさんにメッセージを書いていただいた
エコキャンドルにも火がともりました。
DSCF0694.JPG

七小の音楽の先生と、三小のPTA会長さんによる
キャンドルコンサート。
『美女と野獣』
『さとうきび畑』
canvas11.jpg

14:46、ハンドベルの音を合図に
1年前の震災で被災された方々に黙祷を捧げました。
DSCF0705.JPGDSCF0706.JPG

「釜石の奇跡」のお話(実話)を
ナレーターでもある四中PTA副会長Kさんが朗読。
みんな静かに聞き入っていました。
DSCF0707.JPG

続いては、五小避難所運営連絡会の篠原さんによる防災講話
「もし、学校が避難所になったら~第四中学校の場合~」
が行われました。
DSCF0709.JPG
DSCF0710.JPG
一時避難場所、広域避難場所、避難所の違いにはじまり、
避難所を開設するには何が必要なのか。
いざという時のために、今、何をしておかなくてはならないのか。
避難所はホテルや民宿ではない。避難住民はゲストではない。
みんなで助け合って、避難所を運営していかなくてはならない。
など、とてもためになるお話でした。

最後に、三鷹で活動するK~ベルマモンのみなさんによる
素敵なハンドベルコンサートが行われました。
DSCF0719.JPG
『Over the Rainbow』
『MOON RIVER』
『Amazing Grace』
『CANON』
そしてアンコール曲は、明るい未来のために元気の出る曲を、と
『世界にひとつだけの花』を演奏してくださいました。
澄み渡る素敵なベルの音色に癒やされました。

体育館の中では、非常食であるアルファ米とスープが配布されました。
canvas9.jpg
canvas8.jpg

体育館に敷かれたマットの上で、試食中。
DSCF0677.JPG

避難所生活が長引いた時には必須となる
ダンボールの間仕切り【バンレス】(共和商事株式会社)も展示されました。
canvas10.jpg

また、バンレスをつかって、これまでサポートネットで活動してきた内容の展示も行いました。
DSCF0688.JPG

地震・災害関連の書籍の展示コーナー
DSCF0691.JPG

校庭のいろいろなブースを紹介します。

まずは、水くみ・水運び体験で運んでもらった水を湧かしての炊き出し(スープ作り)&アルファ米作り。
DSCF0623.JPG
canvas.jpg

(有)日の丸防災さんによる
非常持ち出し袋や、災害時に役に立つグッズの紹介コーナー。
非常食用のクラッカーの試食もあり、好評でした。
DSCF0655.JPG
DSCF0609.JPG

地盤液状化現象が一目で分かる実験ボトル「エッキー」の紹介コーナー。
→防災科学技術研究所
小学生・中学生の学芸員さんたちが、説明してくれました。
大人も子どもも興味津々の様子でした。
canvas2.jpg

廃食油を使った、エコキャンドルのコーナー。
既にできあがったエコキャンドルに、
被災地への祈りを込めたメッセージを書いてもらいました。
canvas3.jpg
canvas4.jpg

こちらはエコキャンドル作成の時からお世話になっている
【みんなのブックカフェ】のTさんと、Kさんによる
もっと簡単にできるエコキャンドルの作り方の説明。
みなさんの関心も高かったです。
→ みんなのブックカフェ
canvas5.jpg

いつもは見ることのできない防災倉庫の中も
見学させてもらいました。
先日見せてもらった三小の防災倉庫は建物の中だったのですが、
四中の防災倉庫はコンテナ、ということで、こちらには食料などは入っていません。
ゴザや毛布などがメイン。
DSCF0669.JPG

ついにこの日がやってきました。

DSCF0612.JPG

前々日から2日間降り続いた雨もあがりました。
300人近い方々が来場してくださいました。
お手伝いしてくださった方々、スタッフを含めると約400名!

サポートネット代表、三鷹中央学園学園長の挨拶ではじまりました。

DSCF0621.JPG

続いては、災害に遭ったとき、
命を守ることの次に大事な【水】のこと。
災害時に設置される飲料用給水設備の設置作業を
みんな真剣に見守ります。
DSCF0630.JPG
DSCF0634.JPG

設置後は、実際に飲んでみたり、汲んでみたり、
canvas6.jpg

運んでみたり。
canvas7.jpg

結構水って重いんだな~、
ということを体験してもらいました

いざ、というときに命の次に大切なものは何かご存じですか?
そう、【水】です。
そんないざというときのために、災害時の水について知っておくということは大事なことです。

三鷹市管工事業協同組合の方々が、災害時の飲料水給水所設置訓練のリハーサルのために、四中に来てくださいました。

災害時用倉庫に入っている水道管設置用具を組み立てて、飲料水の管を繋ぎ、蛇口をひねって、飲料水が出た時の写真です。
組み立てにかかった時間は15分弱でした。

2012_0307水道1.jpg

120307_1418~01.jpg

こちらは、蛇口から出た水が実際に飲めるかどうかを調べるために、検査薬の入ったボトルに水を入れ、ピンク色に変われば塩素が含まれていて飲料水として安心して飲めるという事を確認している写真です。

120307_1419~01.jpg

3.11のイベント当日には、この災害時飲料水給水所設置訓練の様子が生で見られます。
あっという間に設置完了してしまいますので、お見逃しなく!
また、実際に試飲してみることもできますので、ぜひお試しください。

ご協力いただいた、三鷹市管工事業協同組合の皆様、ありがとうございました。
3月11日も、よろしくお願いいたします。

ついにサポートネットのスタッフジャンパーができあがりました!

DSCF0555.JPG

モデルは、われらがスーパー代表のお一人。
頼りがいのある、たくましいお背中♪

とても目立ちます!
3.11のイベントの際、この目立つ色のジャンパーを見かけられましたら、お気軽にお声をおかけくださいね。
みんな心優しいおかあちゃんたちばかりです☆

3.11で使用する
エッキー(地盤液状化現象が一目でわかる実験ボトル)→防災科学技術研究所
エコキャンドル(使用済み食用油を使って作るキャンドル)を作りました。

今回は、スタッフに加えて、
中学生13名、小学生1名、幼稚園児1名、保護者2名も参加し、
大人数でわいわい楽しく作りました。

エッキーは中学生がとても一生懸命作ってくれて、
できあがって、うまく行った時にはとても喜んでくれました。
canvas1.jpg
canvas2.jpg

エコキャンドルも100個以上作ることができました。
canvas4.jpg

子どもたちも素敵なメッセージや、絵も描いてくれました。
みんな、熱心に説明を聞き、楽しんでいました。
canvas3.jpg
DSCF0582.JPG

参加してくれた子どもたち、
ご指導くださった、みんなのブックカフェ代表のTさん、
ありがとうございました。

本日の七小での実施にて、【数学なんてこわくない! 小学校算数の総ざらいパワーアップ】は終了しました。
七小1.JPG七小2.JPG
三小は、予定通り14回、
七小は、インフルエンザによる学級閉鎖のため1回中止になり、13回の実施となりました。
けがもなく終了でき、ほっとしております。

最終回、三小では残念ながらできませんでしたが、七小では少し「お楽しみ」♪
学生ボランティアのH先生による「ジャグリング」を見せていただきました。
七小9.jpg
皿回し・リング・ボールの体験もさせていただき、こどもたちは大喜びで挑戦!
ちょっとのあいだに、皿回しができるようになった男の子もいました。
(大人もちょっぴり体験~~^^なんと!KさんとMさんは皿回しができるようになりました!!すごーーーーい!!)
七小10.jpg

かかわればかかわるだけ、こどもたちには変化がみられます。
この時間はこどもたちにとって、学習の定着だけではなく、
たくさんの意味のこめられた時間となったと思っております。
本当にたくさんの方々に支えていただいたおかげです。
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

あと、参加児童と学園6年生の保護者にはアンケートをお願いします。どのくらい返ってくるか…どんな回答か、気になるところですが、今後に生かせたら…と思っております。

昨日は雪でした。
四中の校庭もこんな……
DSCF0563.JPG

雨にも負けず、雪にも負けず、
今日も3.11のイベントに向けて準備はすすみます。

昨日は大雪の降る中、地域のプロの筆耕士さんが
看板を書きにいらしてくださいました。
書き始める前の、割り付けがとても大変なのにびっくりしました。
ワープロで出力したものとは全く違う、力のある素晴らしい看板ができあがりました。
N先生、ありがとうございました。
DSCF0566.JPG

三鷹中央学園ののぼりもできてます。
DSCF0552.JPG

そして学園生、地域の方、イベントにいらしてくださった方にお配りする、「もしもの時のハンドブック in みたかちゅうおう」がついに完成!
三鷹市協働センターの印刷室にて、印刷作業。
紙折り機もフル稼働。
DSCF0568.JPG
紙折り機だけでは足りない部分は、人海戦術。
canvas.jpg
約2時間半をかけて、3000部の印刷終了。
素人仕事ながら、なかなかのものができた!とスタッフみんなで自画自賛♪

午後には、体育館に敷くマット(市役所から借りました)も到着。
スタッフルームがだんだん狭くなってきました。
DSCF0571.JPG