忘れてはならないこと

今日は多くの人が思いを馳せています。

10年前の今日、2011年3月11日午後2時46分に。


あのとき、あなたは何をしていましたか?

私は、放課後の中学校で、数名の生徒たちと

調理室でクッキーづくりをしていました。


覚えているのは

4階建ての校舎の1階の調理室で

校舎がミシミシ鳴る音と、調理室の食器棚がガシャガシャいう音が

とても怖かったことと


泣き出してしまった中学生を見て

「この子たちを守らなきゃ!」と思ったけど

どうしていいのかわからなくて

ただただオロオロしていたこと。

とっさのことに、何もできなかった自分がいました。


10年前の今日、体験したこと、感じたことは忘れてはならない。

それが私たちサポートネットの活動の原点でもあるのです。


子どもたちの命を守るために私たち大人にできること

それは

自分の命は自分で守る

互いに助け合える

この二つを子どもたちに伝えること。


防災教育をとおして、子どもたちに伝えていくことの大切さを

今日、この日に立ち止まって考える。

この日を、この思いを忘れないために。

(代表理事 四柳千夏子)



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):