災害時の水道栓設置

いざ、というときに命の次に大切なものは何かご存じですか?
そう、【水】です。
そんないざというときのために、災害時の水について知っておくということは大事なことです。

三鷹市管工事業協同組合の方々が、災害時の飲料水給水所設置訓練のリハーサルのために、四中に来てくださいました。

災害時用倉庫に入っている水道管設置用具を組み立てて、飲料水の管を繋ぎ、蛇口をひねって、飲料水が出た時の写真です。
組み立てにかかった時間は15分弱でした。

2012_0307水道1.jpg

120307_1418~01.jpg

こちらは、蛇口から出た水が実際に飲めるかどうかを調べるために、検査薬の入ったボトルに水を入れ、ピンク色に変われば塩素が含まれていて飲料水として安心して飲めるという事を確認している写真です。

120307_1419~01.jpg

3.11のイベント当日には、この災害時飲料水給水所設置訓練の様子が生で見られます。
あっという間に設置完了してしまいますので、お見逃しなく!
また、実際に試飲してみることもできますので、ぜひお試しください。

ご協力いただいた、三鷹市管工事業協同組合の皆様、ありがとうございました。
3月11日も、よろしくお願いいたします。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):